New Models本日発売アイテム (0)

Search

Keyword

Price (yen)

-

Size

  
-

Shop mita sneakers

 

ASICS Tiger GEL-LYTE III "HIKESHI HANTEN" "sneakerwolf x KICKS LAB." 
D.NVY/RED/WHT (TQQ6M0-5858)

創業者である「鬼塚 喜八郎(オニツカキハチロウ)」氏が1949年に創業した「オニツカ株式会社」から始まり「Onituska Tiger(オニツカタイガー)」を経て「日本」が世界に誇るナショナルスポーツブランドとなった「asics(アシックス)」。2008年には「鬼塚 喜八郎」氏が世界の一流オリンピック選手に商品を履いて貰う為、プロモーション活動をしていた当時のコードネーム"錐揉み(キリモミ)"からインスパイアされ、スポーツとファッションやサブカルチャーを結び付ける現代版「asics KIRIMOMI PROJECT(アシックスキリモミプロジェクト)」がスタートし「オランダ」の「Patta(パッタ)」を皮切りに「日本」からは「mita sneakers(ミタスニーカーズ)」そして「アメリカ」では「ALIFE(エーライフ)」や「David Z(デヴィットジー)」更に「ドイツ」の「solebox(ソールボックス)」と「KOI CLUB(コイクラブ)」や「フランス」でも「colette(コレット)」がエントリーし、様々なアプローチで過去の名作のフィロソフィを継承しながら新たな価値を付加した魅力的なプロダクトを共に発信。その後も海外では各国のキーアカウントから「SMU(スペシャルメイクアップ)」としてリリースは続き、大きなムーブメントを生み出しています。2014年FALL/WINTERシーズンより「asics」が誇るアーカイブの1つである「GEL-LYTE(ゲルライト)」シリーズが、遂に「日本」でも待望のリスタート。翌年の2015年SPLING/SUMMERシーズンから「ASICS Tiger(アシックスタイガー)」の名を冠し、ヘリテージモデルの復刻は勿論、最新テクノロジーを融合したエボリュ?ションモデルまで幅広いラインナップを従えてブランドリローンチを開始。更に同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る「GEL-LYTE III(ゲルライト3)」が、2015年に"25th ANNIVERSARY(25周年)"を迎え「mita sneakers」とのコラボレーションモデル「GEL-LYTE III "TRICO"(ゲルライト3トリコ)」を皮切りに世界規模のマンスリーコラボレーションプロジェクトがスタートし、翌年の2016年1月23日にはそのコンセプトを踏襲した「GEL-LYTE V "TRICO"(ゲルライト5トリコ)」がリリースされ即完売となる等、ストリートシーンでも更なる飛躍が期待されています。そんな同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る1993年に発表された「GEL-LYTE III」からシーズナルカラーがリリース。1990年に発売された長距離ランナー向け軽量シューズ「GEL-LYTE III」は「クッショニング性」を重視したランニングシューズのトレンドから、徐々に「アッパー」の「フィッテング性」の更なる進化に移行した90年代初期にリリースされ、長距離ランナーにとって常に付き纏うリスクである"BADLIB SYNDROME(バッドリブシンドローム)"を最小限に抑えながら「シュータン」が左右に移動するのを防止し、血管が集中する足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる事を目的とした当時の最新テクノロジー「SPLIT TONGUE(スプリットタン)」を搭載。更に「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れ、長期に亘っての「安定性」を維持出来る「GEL(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用する事で「クッショニング性」も飛躍的に向上。そんな当時の考えられる最高のテクノロジーを高次元で組み合わせた事で、シリアスランナーからも高い評価を獲得した名作です。そんな同ブランドの中でも圧倒的な人気を誇る1993年に発表された「GEL-LYTE III」から、参加者がスニーカーの交換や売買が出来るイベントとして「アメリカ」などではポピュラーな"スニーカトレード"の場を「日本」でも提供したいと言うコンセプトの基、スニーカーイベントを企画する等、今や「原宿」から最新のスニーカースタイルを発信するショップとし注目を集めるスニーカーセレクトショップ「KICKS LAB.(キックスラボ)」と、様々な分野でフリーハンドの"絵"を提供している絵描き「sneakerwolf(スニーカーウルフ)」氏がタッグを組み提案するエクスクルーシブモデルがゲリラリリース決定。1990年に発売された長距離ランナー向け軽量シューズ「GEL-LYTE III」は「クッショニング性」を重視したランニングシューズのトレンドから、徐々に「アッパー」の「フィッテング性」の更なる進化に移行した90年代初期にリリースされ、長距離ランナーにとって常に付き纏うリスクである"BADLIB SYNDROME(バッドリブシンドローム)"を最小限に抑えながら「シュータン」が左右に移動するのを防止し、血管が集中する足の甲に掛かる無駄な負荷を軽減させる事を目的とした当時の最新テクノロジー「SPLIT TONGUE(スプリットタン)」を搭載。更に「衝撃吸収性」に優れながら圧縮永久歪みが非常に小さく「耐久性」に優れ、長期に亘っての「安定性」を維持出来る「GEL(ゲル)」ユニットを搭載した「成型ミッドソール」を採用する事で「クッショニング性」も飛躍的に向上。そんな当時の考えられる最高のテクノロジーを高次元で組み合わせた事で、シリアスランナーからも高い評価を獲得した名作です。通称"HIKESHI HANTEN(ヒケシハンテン)"と呼ばれる今作は、江戸時代に"火消し"と呼ばれた"消防士"からインスパイアされています。そんな"火消し"の作業着として着用されていた"火消し半纏(ヒケシハンテン)"のカラーリングである「ダークネイビー」「レッド」「ホワイト」を配色しながら、マテリアルには「コットンキャンバス」と「スウェード」そして「レザー」を落とし込み具現化。また「シュータン」や「アウトソール」に使用された「クリアソール」には「sneakerwolf」氏が書き下ろした「KICKS LAB.」の「Kanji-graphy(カンジグラフィー)」を刻印し、更に「インソール(中敷き)」には江戸時代に"粋"とされていた"火消し"や"鷹"そして"飛脚"からインスパイアされた「オリジナルグラフィック」を落とし込む等、エクスクルーシブモデルならではのディテールが細かな部分まで反映されています。タウンユースモデルとしてのシルエットやカラーリングを考慮する等、コンテンポラリーなアップデートを施して「ASICS Tiger」の新たなスタンダードモデルとして注目を集める名機に「sneakerwolf」のアイデアを落とし込み「KICKS LAB.」ならではのアプローチを示した今作を是非、足元から体感して見て下さい。

通 常、即日~2日での発送となりますが、店頭在庫がなくお取り寄せの商品につきましては5日間程度お時間を頂く場合もございます。また、メーカーの休業(年末年始など)によりお取り寄せに更に日数 がかかる場合がございます。但 し、メーカー様にも在庫 がなくご用意が出来ない場合もございますのでご了承の程宜しくお願い致します。また、ページ最下部にございます注意事項を予めご確認下さいませ。

Product code品 番 TQQ6M0-5858
Price価格 税別 ¥ 17,000 送料別Shipping Cost 送料
Size
26.5cm 27.0cm 27.5cm 28.0cm 28.5cm 29.0cm
× × × × × ×
△・・・残りわずか ×・・・売り切れ


For International Customer

We are not accepting this product returns or exchanges.

comments powered by Disqus

Same Item in Another Shop他のショップの同アイテム

同アイテムは見つかりませんでした。
Same Item not found.